AI送電線点検システム

AI送電線点検システム

電気は私たちの生活にとって欠かせない存在です。

その電気の安定供給を支えている架空送電線(いわゆる高圧線)*以下送電線は重要なインフラの一つです。

送電線は落雷や塩害などによって損傷を受けます。これらの損傷は大事故につながる原因になるため定期的に点検を行いメンテナンスしていく必要があります。

現在、少子高齢化の進行に伴いこのメンテナンスを行う「架線電工」と呼ばれる職人さんたちの人手不足問題が発生しています。今後インフラを安定的に維持していくためには、効率的で正確な点検でメンテナンスの必要性を見極め効率よく送電線インフラを維持していく必要があります。

当社が開発するAI送電線の点検システムは、今注目されている「ディープラーニング」の技術を用いた送電線の異常検出システムです。
今までは職人の目によって行われていた点検作業をAIが代わりに行います。

このAIを用いることで、確認作業にかかっていた時間を大幅に減らし現場の負担を軽減することができます。また、これまで人間が見つけることができなかった小さな傷を検出することができる上に種類の分類も可能です。


このAI送電線点検システムは香川高等専門学校とテクノ・サクセス株式会社が共同研究により開発した送電線点検ロボットのデータの解析に最適化されています。

AI送電線点検システムや送電線点検ロボットに関しての詳しい情報はお問い合わせ又はHP上に記載しておりますメールアドレスよりお問い合わせください。